アパレルのバイトを始めたい!〜服装と面接対策〜

すべて

あなたは、アパレルと聞いて、どんなことを想像しますか?

「おしゃれだな〜」

「美男美女しかできないよね〜」

などなど、割とモテそうな印象がありますよね。

実際に私がやっていたアルバイト仲間でも、「ステータスになるから続けている」という大学生がほとんどでした。
モテるかどうかは正直わかりませんが、「バイト何やってるの?」と聞かれた時に、少々鼻高に応えられるのが「アパレル」だそうです。

こんにちは、みーくん(@Twitter)です。

そんなわけで、今回はひときわステータスとなるアルバイト、

アパレルでの面接対策方法を解説していきたいと思います。

アパレルのお仕事内容

〜そもそもアパレルのお仕事って何するの?〜

それは簡単です。お洋服をお客様に売っていくお仕事です。

つまり接客販売です。

それと、在庫の管理やレジ、品出しがあります。特に難しいことはしていませんし、小さなミスに気をつければ、誰でもできる業務です。

どんなスキルが必要?

資格や経験は基本的に要りません。私も未経験で入りましたからね。
スキルとして強いて挙げるであれば、やはりコミュニケーション力が必要です。

しかし、内気な人でも、もっとコミュ力を上げたいと向上心があれば採用してくれたりもします。実際私の店舗でも、内気な子が一人いました。その子は、もっとコミュ力を上げたいと思い入ったそうです。

面接対策

聞かれること

主に聞かれることはこんな感じです。

  • なぜ志望したか
  • ブランドのイメージ
  • どうゆうお店だと思うか
  • シフトは週何回入れるのか
  • 短所と長所
  • これまでのバイト経験と退職理由

面接時のポイントとしては、いかに自分がブランドを好きでいるかや、なぜそのブランドに興味を持ったか説明できるようにしましょう。

安心してください。そのブランドの服をまだ持っていなくとも、“興味”の部分をうまく伝えることができれば最高です。

服装

服装は自由です。

ただ受けるところのブランドを身に纏っていたほうが好印象です。

また、そのブランドがなければ、そのブランドの系統に合わせてコーデを決めると良いかと思います。
例えばシンプルなブランドであれば、あまり主張の少ない無地なコーデにしたり、スポーティーなブランドでは動きやすい格好で行ったりと、そこの店員として働くつもりでコーデを組んでみましょう。

まとめ

アパレルの業界にチャレンジしてみたい方洋服が好きでアパレルに興味を持っている方の参考になれば嬉しいです。

アパレルは、コミュニケーション能力が鍛えられ、ファッションのことも多くを学ぶことができます。未経験でも可能性は十分にありますので、チャレンジしてみてください!

ということで、今回は終わろうと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

マッハバイトで一歩を踏み出してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました